不祝儀用

突然の訃報に、急に必要になる不祝儀袋。葬儀や年忌法要、宗教によっても、使う金封や表書きは様々です。ぬくもり溢れる上質な和紙に清らかな水引を掛けて、心を込めて筆で名前を記す。故人を偲び、生前のご厚誼への感謝の意をこめて・・・。(地域等によっても風習が異なる場合がございます)

仏式

仏事には熨斗のない結び切りの金封が使われ、水引は双銀や黒白・黄白などがございます。表書きは、お通夜や告別式には御霊前、年忌法要などは御仏前とします。袋の大きさも多種ございますが、金額が大きい場合には別製作も承りますので、お気軽にご相談ください。

神式とキリスト教式

神式では金封の表書きに御玉串料や御榊料とします。またキリスト教式ではお花料が一般的です。また、仏式か神式かキリスト教式が分からない葬儀に出掛けるときには御霊前とするのが無難です。

寺院への御布施など

お寺さんへの御布施には白無地の金封を使います。葬儀等でお世話になった方への御礼は、表書きを志として、結びきりの金封にてお渡しください。

「御霊前」と「御仏前」

四十九日の忌明け法要(満中陰法要)が境目となります。忌明け法要は、故人が無事に成仏し極楽浄土へ行くための大切な日ですので、それ以降は年忌法要なども含め全て、表書きは「御仏前」とします。通夜・告別式など、忌明け法要前は「御霊前」となります。