婚礼用・一般御祝用・御見舞い用

慶事でも、婚礼祝いとそれ以外のお祝いでは、使う金封が異なります。鳩居堂の金封は、それぞれ伝統的な形を基本にして、その美しさが映えるように素材とデザインを吟味しています。日本の長い伝統の中で培われてきた美しい風習を、次代にも受け継いでいきたいものです。(地域等によっても風習が異なる場合がございます)

婚礼用

新郎新婦の門出をお祝いするときに使う金封は純白の和紙に金銀の水引を結び切りにしたものが基本です。宝船や鶴などの水引細工で縁起の良い装飾をほどこしたものも多くあります。
※東京鳩居堂銀座本店では、結納品もお取り扱いしておりますのでご相談ください。

ファッション金封

カラフルな和紙や装飾をアクセントに加えた、より華やかでおしゃれなものも、厳選してご用意しております。

お車料・御礼用

御来賓の方への御車料やお手伝い戴いた人への御礼にも、婚礼の際には結び切りの金封をお使いください。

一般御祝用

誕生から長寿祝いまで、人生の節目の様々なお祝い事にお使い戴ける花結びの金封を多種取り揃えております。高級感ある檀紙や風合い豊かな手漉き和紙など、お好みでお選びください。

御見舞い用

病気見舞いには、紅白結び切りや白無地など、熨斗(のし)の無い金封を使います。火事や災害の御見舞いには白無地が多く使われます。

「結び切り」と「花結び」

結び切りは、一度きりで良い慶事に使います。固く結ばれていてほどけない結び方です。
花結びは繰り返しあって良い慶事に使います。ほどけば何度でも結び直せる蝶結びです。