お香の原料辞典

お香の原料をご紹介しています。
お香の原料として使用される天然香料には数十種類あります。
天然のものだけに入手困難なものも少なくありません。
鳩居堂の香りの特色のひみつはこれらの原料にあります。

錫蘭桂皮(せいろんけいひ)

クスノキ科のニッケイ属の常緑樹。セイロン島で産出。爽快感のある甘さで、少し苦味、辛味を持つ。揮発油(錫蘭桂皮油)にしてシンナムアルデヒド、オイゲーノール等を含む。
セイロン島以外にも桂皮は、中国広南省でも産出。

根皮(こんひ)

ニッケイの根皮。日本で栽培。
別名、桂根皮ともいう。揮発油(桂皮油)にして主として桂皮アルデヒードを含む。

白檀(びゃくだん)

ビャクダン科の半寄生の常緑樹。インド、インドネシア原産で、特にインドのマイソール産が最高品で別名、老山白檀といいます。ソフトな甘みのある香り。防虫効果もある。また揮発油(白檀油)にしてアルファ及びベータ、サンタロールを含む。

根白檀(こんびゃくだん)

前記、白檀の根の部分

沈香(じんこう)

カンラン樹ジンチョウゲ科ジンコウ(アキラリア)属。
ベトナム、タイ、インドネシア、マレーシアなど東南アジアの国々で産出。
水沈香樹の樹脂分だけが残ったものを総称し沈香という。原木は比重が軽く、樹脂が含まれることで比重が増し、水に沈むことから、正しくは沈水香木という。

伽羅(じんこう)

前記、沈香の最高品で、沈香の中で特に樹脂分に富む上質のものを伽羅と呼んでいる。別名、伽南香、奇南香ともいう。

柎(たぶ)

クスノキ科タブノキ属。インドネシア、タイ、台湾、奄美諸島などで産出。主にお線香を固める糊分(粘着剤)として使用。別名、イヌグスともいう。

イリス根

アヤメ科の植物。ムラサキイリス、シボリイリス、ニホヒイリスの根莖。産地は、インド北部、欧州(地中海方面)。根、茎をイリス根という。主に香料として使用。

良姜(りょうきょう)

生姜科の植物。リョウキョウの根、茎。産地は中国。揮発油にして主にシネオールの含む。

鬱金(うこん)

生姜科の多年草の根茎。インド、中国で産出。香料、着色料として使用。主に揮発油にしてフェラドレンを含む、別にクルクミンなる黄色々素を含む。別名、ターメリックともいう。

山奈(さんな)

生姜科の多年草の根、茎を使用。インド、中国南部に自生する。
涼しさのある香り。

川?(せんきゅう)

セリ科の植物、根、茎を使用。中国が原産で日本でも栽培。
主に揮発油、クニヂウムラクトンなどを含む。

甘松香(かんしょう)

オミナエシ科。インド、中国四川などで産出。根や茎を乾燥して使用。ムッとするような特徴のある香り。
組み合わせ香に厚みが増し、全体の香りに深みを与える。

甘草根(きっそうこん)

オミナエシ科のカノコソウの根を乾燥したもの。主に中国でスペイン、ロシアにも産出。特有の強い匂い有り。

木香(もっこう)

キク科の植物の根。インド北部、カシミヤ地方で産出。芳香と苦味がある。別名、唐木香ともいう。

青木香(しょうもっこう)

ウマノスズクサ科の植物の根。日本、中国で産出。別名、馬齢草(うまのすずくさ)ともいう。

零陵香(れいりょうこう)

サクラソウ科で草を乾燥。産地は中国。濃い香りで、全体の香りに深みと奥行きを出すことができる。

?香(かっこう)

シソ科のカワミドリ属の多年草。中国原産。
パチュリ(香りの強い草)の意。持続性がよい。

芸香(うんこう)

芸香科の植物。産地は南欧。ヘンルウダの葉。

排草香(はいそうこう)

シソ科カワミドリの根。産地は中国。清涼感のある香りで、昔はお線香の原料として使用。

丁字(ちょうじ)

フトモモ科の植物。産地は、アフリカ、タンザニアのザンジバル産。蕾を乾燥して使用。
強烈で刺激的な辛さ。揮発油(丁香油)にして主としてオイゲノールより成る。
別名、丁香ともいう。

大茴香(だいういきょう)

モクレン科の常緑樹の実。中国南部やインドシナ半島で産出。
さわやかな清涼感のある甘さの香辛料。果実を乾燥させたものは、スターアニス。

枸杞子(くこし)

ナス科クコ族の植物。産地は中国、日本。
主にベタインを含む。

乳香(にゅうこう)

カンラン科ボスウェリア属の乳香樹の樹脂。アフリカ東北部ソマリ海岸及アラビヤ海岸やインドで産出。最古の香料の一つ。

琥珀(こはく)

太古の植物の樹脂。地下に埋れ生じたもの。中国や日本の奥羽地方で産出。
主に、琥珀酸、揮発油を含む為、昔は原料で使用。

薫陸(くんろく)

クンロクコウ類より分泌する樹脂が凝結したもの。インド、イラン原産。
半化石状樹脂。乳頭状のものは、乳香と混同されることも。

安息香(あんそくこう)

エゴノキ科の植物より生ずる樹脂で、タイ、インドネシアの主にシンドシナ半島、ジャワ島、スマトラ島に原産。甘い香りで、上質はバニラに似た香りを持つ。桂皮酸、少量の安息香酸及びバニリンが主成分である。

蘇合香(そごうこう)

マンサク科、エゴノキ科の植物から得られる樹脂。アジア、トルコ、及びギリシャロドス島など産出。主に、芳香性のアルコールの桂皮酸エステルを含む。

龍脳(りゅうのう)

フタバガキ科龍脳樹より採取。カリマンタン(ボルネオ)、スマトラ島、マレー半島原産。
さわやかな芳香、清涼感及び芯部にたまる芳香性の半透明の結晶。防虫効果もあり。墨にも使用。
成分は、ほとんど純ボルネオールより成る。

梅花龍脳(ばいかりゅのう)

前記龍脳の優良品、科学的には成分未詳の佳香を有するを以て貴重とされる。産地は、東インド諸島、ボルネオ、スマトラ島など。

麝香(じゃこう)

麝香鹿の雄の香襄(ジャコウ腺)から得る分泌物。産地は、中国、シベリア。アンモニア臭を含む強烈な香りであるが、組み合わせにより香りの深みが出せる。別名、ムスクともいう。

貝甲(かいこう)

巻貝の蓋。アフリカ東海岸、アラビア海、ナイジェリアに産出。
保香剤としての役割。

菖蒲根(しょうぶこん)

サトイモ科の多年草の根。中国、日本で産出。
しっとりとした落ちつける香り。

龍涎香(りゅうぜんこう)

マッコウクジラの消化器内に発生する結石であり、動物性香料の一つ。海に浮かんでいた様子が龍の涎(よだれ)の様にみえたことからの由来も。別名、アンバーグリスともいう。

没薬(もつやく)

フクロソウ目カンラン科ミラルノキ属の樹脂。アフリカで産出。
防腐剤として使用。

占唐(せんとう)

遠怐iせんとう)ともいう。産地は、中国。
遠恷の枝葉に煎じたもの。