図解 香のたき方

香炉をご使用になる場合は、当社特製の「香たどん」をよくおこして、乾いた灰の中に埋め、灰の真ん中に上から火箸で火穴をあけ、その上に一枚の銀葉を置いてください。火加減のよいところに、火箸や「香道具」を用いて、一片の伽羅や沈香、白檀、数粒の煉香や印香をその上にのせていただければ、平安朝貴族も娯しんだ優雅な芳香があなたのお部屋に立ちこめます。

1
灰はよく乾燥させておいてください。火箸で灰をやわらげ、香炉の中央に「たどん」をいけます。「たどん」はよくおこしてからいけてください。
2
火箸で灰を山型に軽く盛り上げてください。灰押さえで軽く押えて灰の形を整えます。
3
一本の火箸で香炉の中心に火窓を作ります。
4
銀葉挟みで火窓の上に銀葉をのせます。
5
香を銀葉の上にのせます。

香木(沈香、白檀)

一枚(弊社商品の角割の場合)を三等分位に割り、二、三片のせてください。

煉香、印香

一、二粒位をのせてください。

  • 香の大きさ、量は、お部屋の広さ、香りのお好みにより、加減して調整してください。
  • 火加減は、たどんの深さによって調整してください。
  • 香からけむりが強く立つ様では、火気が強すぎます。
  • 香を燃やさずにゆっくり薫らしてください。
  • 火箸など七つ道具のセットもございます。
  • 火箸、灰押え、銀葉挟みのセットもございます。
取り扱いのご注意
火を使用する香の場合は、不燃性の香炉または容器を使用し、火の取扱いには注意してください。
また、離れる時には、火を消してください。
乳幼児の手の届かない所に保管し、誤って口や耳に入れないように注意してください。
用途以外には使用しないでください。
ご使用により身体に変調を感じられた場合は使用を中止して、専門医にご相談ください。